新着情報│入間市・所沢市・飯能市の外壁塗装・屋根塗装は建塗

お電話でのご相談8時30分~18時(日祝休み)

TEL icon04-2936-8856

〒358-0005 埼玉県入間市宮前町8-15

診断・見積り無料

TEL icon04-2936-8856

お役立ちコラム

モルタルの外壁ってどんなもの?特徴やメリットを解説

2021.05.16

これから住宅を建てる時や中古物件を購入する時、「モルタル外壁ってどうなの?」と、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、モルタル外壁の特徴やメリット・デメリット、外壁塗装する際の注意点などを詳しく紹介します。

モルタルとは?特徴を知ろう

モルタル外壁の原料となるモルタルは、セメント・砂・水など調合した、ペースト状のものです。
コンクリートとも似ていますが、コンクリートの場合は砂利も調合されているので、モルタルよりも強度があります。
モルタルは壁の素材として使われるほか、土間やタイル・レンガの下地材としても使われています。
モルタルの壁は、今ではあまり見かけない外壁スタイルですが、1950年に建築基準法が制定してから、外壁材として全国へ広く普及しました。
現在も築30年以降の住宅は、ほとんどがモルタル外壁を採用しているので、一度は目にしたことがあるでしょう。

 

モルタル外壁は仕上げが大切!

モルタルの外壁は、職人による仕上げ技により、さまざまなデザインがあります。
モルタル外壁の種類と特徴について、チェックしていきましょう。

種類(仕上げ形状) 特徴
スタッコ壁 ・スタッコ剤をモルタルの上へ吹き付ける施工
・厚さ5~10mm程で吹き付けるため、凹凸が目立つ
リシン壁 ・砂模様のような外壁(いわゆる砂壁外壁)
・ザラつきが多いため、汚れが付きやすい
吹付けタイル壁 ・タイル材をモルタルの上へ吹き付ける施工
・光沢のある陶磁器のような仕上がり
・他の種類に比べて汚れの付着率が低い
ローラー仕上げ ・モルタル外壁を毛やスポンジローラーで塗装
・ローラーを使い模様をつける施工あり
左官仕上げ ・コテを使って模様をつけていく
・職人技でデザインを多彩に変えられる

モルタル外壁の住宅は、一見デザインが同じに見えますが、近づいてみるとさまざまな仕上げ形状で施工しているのです。

 

モルタル外壁のメリット

モルタル外壁には、たくさんのメリットがあります。

 

有毒ガスの発生なし

セメントや砂、水で作るモルタルは、すべて不燃性の素材です。
燃えにくいだけでなく、人体に悪影響を及ぼす有毒ガスや成分の発生はありません。

災害に強い

モルタル外壁は、耐火性があり衝撃にも強いため、万が一災害が起きても安心です。
台風や強風で物が外壁にあたっても、少しくらいならひび割れなどしません。
また、モルタル表面を塗装すると水にも強い外壁となるため、雨が降ってもコーティング作用により汚れの付着やカビの発生率を抑えられます。

カラーバリエーションやデザイン数が豊富

モルタルはさまざまな色があるので、どの色にするかで印象や雰囲気を変えることができます。
住宅の階層に分けるツートーンカラーも人気で、個性あふれる家づくりができますよ。
また、コテを使い繊細なデザインでおしゃれにする左官仕上げは、サイディング外壁では絶対にできない職人技です。

サイディングに比べ劣化スピードが遅い

モルタル外壁はつなぎ目が一切ないため、サイディング外壁に比べて劣化スピードが遅いです。
つなぎ目があると、どうしても雨風が入ってきて外壁の下地部分を侵食するケースが多く、雨漏りや湿気などトラブルを引き起こします。
住宅は築年数とともに劣化するのは仕方ないとはいえ、メンテナンス期間の長いモルタル外壁は、コスト面でのメリットも大きいでしょう。

 

モルタル外壁のデメリット

メリットの多いモルタル外壁ですが、実際に採用することでいくつかデメリットもあります。

 

モルタル外壁は補修が多め

モルタル外壁でデメリットに感じるのが、補修面です。
例えば、モルタル外壁は次のような症状が目立ちます。

  • ひび割れ(クラック)
  • チョーキング(白亜化現象)
  • 塗膜の浮き上がりや剥がれ

今すぐ補修が必要なトラブルと、少しなら問題ない状況があります。
モルタル外壁は劣化すると、ボロボロと剥がれ落ちる場合があるので、こういったトラブルが発生した時は早急に業者へ連絡しましょう。

デザインによって汚れが目立つ

モルタル外壁の左官仕上げは、凹凸や波線など、さまざまなデザインをお願いできます。
おしゃれな外壁の一方、砂や泥の付着、雨だれ(雨水が流れた跡)など、汚れが目立ちやすいのもデメリットです。
ブラシや布などを使って外壁を磨くことで、ある程度汚れは落とせますが、外壁に浸透したシミは簡単に落とせないため、業者へお任せするしかありません。

職人によって質が違う

モルタル外壁は職人が手作業で塗っていくため、施工の技術力や方法は業者によって違います。
完成した住宅が「イメージしていたのと違う」といったこともあるので、業者選びは慎重におこないましょう。

モルタル外壁を塗装する注意点

モルタル外壁をキレイに保つには、定期的なメンテナンスが必要です。
メンテナンスで大切なのが「外壁塗装」です。
モルタル外壁は築5年あたりから、汚れやひび割れが目立つようになるため、被害が拡大する前に補修と塗装をしましょう。
目安として、モルタル外壁の塗装は築7~10年目がおすすめです。
モルタル外壁の塗装費用や施工期間は、業者によって違います。
依頼前に必ず事前見積をして、細かい部分までしっかり説明してくれる業者は、信頼が高いといえるでしょう。

 

まとめ|モルタル外壁の悩みは業者に相談しよう

モルタルの外壁は、防火性や耐水性に強く、デザイン性に富んでいるなどのメリットもありますので、希望する場合は専門業者へ相談してみましょう。
職人の技術力によって、仕上がりがまったく違いますので、確かな技術と実績を持つ業者に依頼することがポイントです。

 

→外壁塗装・屋根塗装は建塗にお任せください。